ニードル脱毛光脱毛と光脱毛、痛くないのはどっち?

エステや脱毛サロンで行われる脱毛には、光を使って行われる光脱毛や医療バリを使うニードル脱毛があります。
最近の主流である光脱毛は、ムダ毛のメラニン色素に反応して熱を発せさせ、毛の生産工場ともいえる毛乳頭及び毛包幹細胞を破壊する脱毛法で、
一度に広い範囲の施術が可能なのでたいへん人気があります。
心配の痛みも、輪ゴムでパチンと弾かれた程度で、十分に我慢ができる範囲だと言われています。

 

ニードル脱毛は、ハリをムダ毛の流れにそって毛穴に差し込み、微電流を流すことで毛乳頭及び毛包幹細胞にダメージを与える脱毛法で、
一本一本目で確認しながら施術をするので、光脱毛と比較すると脱毛効果がより高くなるのが大きな特徴です。
ですので、しっかりと永久脱毛をしたい方には、ニードル脱毛がおすすめです。
しかし、毛穴にハリを差し込むので激しい痛みが伴います。
また、微電流を流す時にも痛みが生じるので、耐えかねて途中で脱毛を諦める方も少なくありません。

 

痛みをやわらげるためには患部をアイスパックでしっかりと冷やして施術を行うようにし、炎症や火傷などの肌トラブルが起こらないように衛生面にも気を配り、
施術前のケアとアフターケアを十分に行ってくれるサロンやエステを選ぶことが大切です。

 

脱毛効果のたいへん高いニードル脱毛ですが、このように一つ一つの毛穴に対応するために非常に時間がかかり、
時間がかかるとその分費用も高額になるため、背中やワキ、腕、脚など広い部分は光脱毛で行い、繊細なデザインが要求される、
まゆ毛やうなじ、男性のひげなどの狭いパーツにはニードル脱毛を行うなど使い分けると良いですね。
ニードル脱毛には熟練した技術が必要とされるので、技術力の高い脱毛士のいる所で施術を受けるようにしましょう。