ニードル脱毛と脱毛クリーム、より綺麗に仕上がるのはどっち!?

脱毛法にはいくつかの種類があることを知っていますか。ここでは主に脱毛サロンで行われる「ニードル脱毛」と、市販品も存在する「脱毛クリーム」の概要と、どちらがより綺麗に処理できるのかを考えてみます。

「ニードル脱毛」は、毛穴一つ一つに絶縁処理した特殊な細い針を刺して、そこから微弱な電流を流して毛乳頭を破壊する方法です。針を刺すという言葉から想像できるように、かなりの痛みを伴います。
また、それなりの時間がかかる方法でもありますから、治療の決断には多少の勇気がいると思います。

費用も高額になりますから、決して手軽な脱毛法とは言えません。
ただしその分効果は高いです。毛の再生率は極めて低く、完全脱毛に近いと考えてください。体の特定部位に限定した脱毛に対応可能で、レーザー脱毛などの他の方法で脱毛できなかいところでも対応できるケースが多いです。

「脱毛クリーム」は、肌に塗ることで毛の表面を溶かしていくものです。毛の表面だけですので、しばらくすると再び生えてきます。
効果は一時的なものになりますが、塗るだけですから非常に手軽にでき、痛みも全くありません。カミソリで剃るよりも処理後の仕上がりは目立ちにくいものになります。なお、顔の脱毛に使ってはいけません。

では、ニードル脱毛と脱毛クリームのどちらが綺麗な仕上がりになるのかというと、ずばり「ニードル脱毛」でしょう。
理由としては、やはり永続的な効果が期待できることでしょう。クリームでは塗った直後だけ綺麗な見た目になっても、すぐにまた生えてきてしまいますし、定期的に処理しなければなりません。
これは単純に面倒だと思う方が多いのではないでしょうか。高額で痛みを伴うので躊躇ってしまうのも理解できますが、ニードル脱毛の方が長期的に考えて綺麗な肌を維持できることによるメリットが大きいでしょう。