レーザー脱毛をした後にしないといけないことって何かある?

レーザー脱毛は脱毛効果が強力な分だけ肌への負担が大きく、施術後に適切なケアを施さないと
肌トラブルを始めとした副作用の原因となってくるため、正しいケア方法を事前に身につけておくのが望ましいでしょう。

 

まず、レーザー脱毛の施術後は肌の表面が赤みを帯びたり高温となる可能性が考えられるものの、
これらは正常な反応とされることから、状態が悪化しないようなケア方法を選択すると効果的です。
用いられる主なケア方法としては専用の軟膏やクリームを塗る対策が使われ、レーザー脱毛を受けた後は刺激と熱によって
自然と乾燥肌のリスクが高まってしまうので、水分を与えると同時に保湿する選択が重要といえます。

 

医療機関次第では施術後のほてり対策に使うよう、軟膏などを渡す例があるため、そのような場合には医師の指示通り対処しておけば問題ありません。
また、ほてりが治まった後は保湿用ローション・美容液などを使用する対処も効果が見込め、
失われた水分を早急に補給させることで乾燥による肌トラブルの抑制へ繋がっていきます。
レーザー脱毛は施術後すぐに毛が抜け落ちない場合も想定され、時間と日数の経過に伴って徐々に毛が抜けていく例も多く、
衛生面などを考慮し無理に毛抜きなどを使用してムダ毛を抜かないよう気をつけましょう。

 

基本的にレーザー脱毛を受けた日においては入浴を避けておき、可能な限りぬるめのシャワーを用いて軽く洗う程度にし、
肌への刺激には注意する必要性が生じるでしょう。
これはレーザー脱毛を受けたことによって肌が熱を帯びるため、熱いお湯を用いて入浴を行うと急激な体温上昇と肌へのダメージが考えられ、
肌トラブルや体調不良などの原因を避ける目的があります。