レーザー脱毛と自己処理の違いって何が違うの?どっちがいいの?

ムダ毛の処理はカミソリや毛抜き、除毛クリームなどの自己処理で充分という方は多いようです。
確かに好きな時間にできるので楽ですが、この方法では見えている毛を一時的になくすだけなので、またすぐに生えてきます。
ツルツルを長期間維持したいならレーザー脱毛すべきなのです。

 

しかし、そもそもレーザー脱毛と自己処理の違いとは何なのでしょうか。
カミソリや除毛クリームを使った自己処理は、皮膚の上に現れた毛しか処理できません。毛のもとは肌内部にあります。
これをどうにかしない限りは根本的な脱毛はできません。
そのためすぐに生えてきてしまい、また同じような処理の繰り返しとなるのです。

 
またセルフ脱毛すればいいと、これが別に面倒でないとおっしゃるかもしれません。
しかしセルフ脱毛を繰り返すとその刺激が肌に蓄積され徐々に肌が傷んでいきます。肌荒れ、黒ずみ、埋れ毛などの原因となるのです。

 

それに対してレーザー脱毛では見えている毛ではなく、肌内部にある毛のもとにダメージを与えます。
具体的には黒い色に反応するレーザーを照射することで、毛のもとを破壊して毛の再生を阻むわけです。
これならもとを断ち切れるので、成功すればもう二度とムダ毛処理しなくていいのです。

 

こういったことから本気で脱毛したい、もう二度とムダ毛処理したくないというならレーザー脱毛がいいでしょうし、ムダ毛はあってしかるべきもの、でも必要な時に応じて処理したいというならカミソリや除毛クリームを使ったセルフ脱毛を行うのがいいでしょう。

 

ただ、セルフ脱毛で気を付けたいのが正しく行うことです。
たまに行うとしても、間違った方法では脱毛どころか肌を傷付けることにもなりかねませんので、くれぐれも正しく行うことです。