ブラジリアンワックスって何円で出来るの?知りたい!

ブラジリアンワックスのお手入れはどれくらいで出来るのか、相場を知っておくとサロンも利用がしやすくなります。

 

ブラジリアンワックス脱毛の出来るお店は、ワックス人気も高まっているためサロンも増えてきています。VIOゾーンを脱毛するお値段は、初回のお手入れは6000円から6500円前後ほどです。だいたい初回の意味も含めて、少しだけお得に処理できることが多いです。

 

税抜きの金額でこのくらいですから、税込みでの値段は6500円から7000円くらいが相場になります。この金額はシンプルに処理することだけに目的をおいた費用になります。

 

ビキニラインをデザインすると、費用はもう少しあがります。好みのデザインでVラインを仕上げるのであれば、追加費用が掛かって、1000円から2000円くらいの追加料金をプラスといった支払いになります。

 

最安値ともなると、4000円くらいで処理できるサロンもあります。サロンによってシステムが違うので、初回箱の安い金額で、2回目以降は7000円前後といった料金設定をしているサロンもあります。最高値になると、20000円くらいかかるサロンもありますから、金額はサロンをいくつか比べてから、お財布に無理のないお店を選ぶべきでしょう。

 

高い金額のところは、施術の時間を長めに取っていて、お肌のお手入れまでかなり丁寧に行っていたりと、それなりの高い理由があります。アフターケアもばっちりで、ほかのサービスも含めた金額ということもあるので、値段が高いからといって警戒することもありません。

 

ブラジリアンワックスは、初回料金を安めに設定しておいて、次回以降を初回料金よりも。少しだけ高く価格設定しているサロンが多いです。ですが、何回通っても一律の料金でお手入れするサロンもあります。

ブラジリアンワックスと脱毛器、より綺麗に仕上がるのはどっち!?

綺麗に脱毛ができるのはどちらかと言えば、ブラジリアンワックスの方が良いと言えるのではないでしょうか。
ブラジリアンワックスの仕上がりが良い理由は脱毛残しが発生する可能性が低いからです。
ワックス剤の吸着力によって強力に脱毛をすることができますので、気になるムダ毛をしっかりと処理することができるのです。

 

脱毛器もきちんと使用すれば仕上がりが良くなる可能性もあるものの、しかしながら案外処理残しが発生してしまうことが少なくありません。
脱毛器でよく利用されているのがフラッシュ、もしくはレーザーを照射するタイプなのですが、全体を上手く照射するのはなかなか簡単ではないのです。
照射できていない部分が発生することもありますので結果的にそこだけ生えてきてしまうことがあります。
さらには成長期のムダ毛にしか効き目がありませんので、タイミングを間違ってしまうとあまり効き目がなく上手く処理することはできません。

 

その点、ブラジリアンワックスですと生えているムダ毛を一挙に脱毛できますので、仕上がりがとても綺麗になるのです。
しかしながら脱毛器も根気強くお手入れを続けていけば綺麗な仕上がりを実現できる可能性もあります。
ブラジリアンワックスと違って毛根の活動を弱めて生え難くすることができますので、粘り強くお手入れをすることで綺麗になることもあります。
ただ、エステサロンの施術ですら完了までに2年位掛かることがありますし、家庭でのお手入れですともっと時間が必要になることがあるのです。

 

ですからそれだけの期間お手入れを続けられるかどうかが分かれ目になると言えるでしょう。そしてもし地道に脱毛ができるのなら脱毛器も良いかもしれません。
しかし、手っ取り早く綺麗にするのならブラジリアンワックスの方に分があると言えます。

ブラジリアンワックスと光脱毛、より綺麗に仕上がるのはどっち!?

毛深い女性は水着を着る時など、ムダ毛がはみ出ないか気になるものです。
自分でVIOラインのムダ毛をシェービングする女性も多いですが、VIOラインのシェービングは見えにくい部位なので、とても難しくうっかり皮膚を傷つけて出血させる危険性もあります。
特にIラインやOラインは性器や肛門が近くにあるので、出血させると雑菌が性器や肛門に入り込む危険性があります。
VIOラインなど自分ではシェービングが難しい部位は、エステサロンなどに通いプロに任せるといいでしょう。

エステサロンに通う場合は、初めてだとどこに通えばいいか迷いますが、自分の毛の状態や脱毛を完了させたい時期にあわせて脱毛方法を選ぶといいでしょう。
どうしても急いで脱毛をしたい時は、ブラジリアンワックスの方が便利です。
毛深い人でも一気にムダ毛を根元から抜くので、1回の施術でつるつるな肌になれます。

ただしブラジリアンワックスは、肌への負担が大きく、かぶれたり赤みが気になるケースもあります。
一か月くらいは脱毛効果は続きますが、しばらくするとまたムダ毛が生えてくるので、そのたびにブラジリアンワックスをおこなうことになります。
ブラジリアンワックスは、肌が弱い人にはむかないので、仕上がりの綺麗さで選ぶなら光脱毛を選ぶといいでしょう。
肌が黒い人は、ブラジリアンワックスの方が効果がでやすく痛みも感じなくてすむので人気です。

ブラジリアンワックスは、費用も光脱毛よりもかなり安いので、最近は日本でも人気があります。
エステサロンでおこなう光脱毛は、脱毛効果がでるまでに時間がかかりますが、肌に優しい脱毛器を使うので仕上がりもとても綺麗です。
ただし光脱毛も永久脱毛ではないので、脱毛完了後しばらくするとまたムダ毛生えてきます。
毛周期にあわせた施術スケジュールを組むので、どうしても時間がかかってしまいます。

レーザー脱毛をする時期っていつがいいとかあるの?いつでもできる?

ムダ毛の多い人にとって肌の悩みは深刻です。
ムダ毛のお手入れは最低限のマナーです。

 

少しぐらいの肌荒れではカミソリや毛抜き等で処理してしまう人が殆どです。
長期間その様な事をくり返していると肌へのダメージは更に増えていきます。
赤みを帯びたり、出血し易い状態になっている人もいます。
中には毛包炎が酷くなる人もいて、清潔に保つ事が必要になります。
更に赤いニキビの様なものが多数できる事があります。
これはニキビではなく、毛抜きでの処理時に途中で切れたムダ毛が埋没毛となっている症状です。
決して取り出そうとはせずにスクラブでマッサージをする事で毛が出易い状態にするのが最善の方法です。
ムダ毛の自己処理は費用もかからず気軽にできますが、肌の事を考えると何かとデメリットの多い方法です。

 

ムダ毛と肌の問題はクリニック等の医療機関でレーザー脱毛を受ければ解決する事ができます。
レーザーは毛根を破壊してしまう程の威力を持っているので、永久脱毛の効果があります。
輪ゴムで弾く位の刺激を感じる事はありますが、耐えられない程ではないです。そしてレーザー脱毛を受ける際に注意が必要なのが日焼けです。
夏の時期は外出すればで日焼けをする可能性があります。
レーザーは黒い色に反応するので、効果が高まり過ぎる事があります。
夏の時期に脱毛を始める人は日焼け止めを使用した方が無難です。

 

毛には毛周期があり、成長期や退行期、休止期をくり返しています。
体の部位により差がありますが、約2ヶ月から3ヶ月の間隔です。
最も脱毛効果が期待できるのは成長期なので、時期を逃さぬ様にタイミングを見計らって脱毛処理をしていく事が肝心です。

 

年間に約4回から6回位の脱毛処理ができる事になります。
全身脱毛を希望する場合は、ある程度の期間と処理回数が必要になるので計画的なレーザー脱毛処理が必要になります。
効果的なレーザー脱毛を受けるには、この毛周期を考慮した脱毛のタイミングを見極める事が重要になってきます。
カウンセリングが充実していいて、個々に応じたプランを一緒に考えてくれる優良なクリニックを探す事が先決です。

レーザー脱毛をした後にしないといけないことって何かある?

レーザー脱毛は脱毛効果が強力な分だけ肌への負担が大きく、施術後に適切なケアを施さないと
肌トラブルを始めとした副作用の原因となってくるため、正しいケア方法を事前に身につけておくのが望ましいでしょう。

 

まず、レーザー脱毛の施術後は肌の表面が赤みを帯びたり高温となる可能性が考えられるものの、
これらは正常な反応とされることから、状態が悪化しないようなケア方法を選択すると効果的です。
用いられる主なケア方法としては専用の軟膏やクリームを塗る対策が使われ、レーザー脱毛を受けた後は刺激と熱によって
自然と乾燥肌のリスクが高まってしまうので、水分を与えると同時に保湿する選択が重要といえます。

 

医療機関次第では施術後のほてり対策に使うよう、軟膏などを渡す例があるため、そのような場合には医師の指示通り対処しておけば問題ありません。
また、ほてりが治まった後は保湿用ローション・美容液などを使用する対処も効果が見込め、
失われた水分を早急に補給させることで乾燥による肌トラブルの抑制へ繋がっていきます。
レーザー脱毛は施術後すぐに毛が抜け落ちない場合も想定され、時間と日数の経過に伴って徐々に毛が抜けていく例も多く、
衛生面などを考慮し無理に毛抜きなどを使用してムダ毛を抜かないよう気をつけましょう。

 

基本的にレーザー脱毛を受けた日においては入浴を避けておき、可能な限りぬるめのシャワーを用いて軽く洗う程度にし、
肌への刺激には注意する必要性が生じるでしょう。
これはレーザー脱毛を受けたことによって肌が熱を帯びるため、熱いお湯を用いて入浴を行うと急激な体温上昇と肌へのダメージが考えられ、
肌トラブルや体調不良などの原因を避ける目的があります。

レーザー脱毛と脱毛器、より綺麗に仕上がるのはどっち!?

脱毛を行う時に、気軽で簡単に自宅でムダ毛処理ができる脱毛器は、サロンに通う時間がない人やサロンに行くのが恥ずかしい方など、
いつでもムダ毛が気になった時には便利で使い易いです。

 

しかし、家庭用の脱毛器では質力が低く、濃いムダ毛の処理を行うには時間がかかったり、
綺麗に仕上がらないなど、ムダ毛が濃い人にとって難しい事もあります。

 

クリニックで行っている脱毛の施術のレーザー脱毛は、濃いムダ毛もしっかりとレーザー光を使って処理をしていく事ができ、
レーザー脱毛は永久脱毛を行うメリットがあるので、仕上がりが綺麗にできます。

 

レーザー脱毛は、医療クリニックで行える方法なので、カウンセリングなどをしてから肌に合った方法で施術をしていくので、
自分で行う脱毛器よりもより綺麗な仕上がりになります。
毛深い悩みの人や、1本1本ムダ毛が濃くて広範囲にある方はレーザー脱毛がおすすめです。

 

脱毛器はサロンなどで行っている光脱毛の機械でムダ毛を処理していくので、クリニック行うレーザー脱毛よりも脱毛効果が低く、
特に太くて濃いムダ毛に照射するには時間がかかってしまう場合があります。

 

より綺麗に仕上がるのはレーザー脱毛の施術で、肌にダメージを与えることなく、レーザー光でムダ毛をなくしていくので、
毛深い悩みのコンプレックスも解消しながらムダ毛のないツルツルの肌に仕上がることが期待できる方法です。

 

美容外科などで受けることがき、気になるムダ毛のパーツを時間をかけずに行うことができるので、
サロンなどの光脱毛よりも効果的にムダ毛の処理を行うことができるのがメリットです。

 

仕上がりがとても綺麗で、とても満足にムダ毛の処理を行うことができます。

レーザー脱毛と自己処理の違いって何が違うの?どっちがいいの?

ムダ毛の処理はカミソリや毛抜き、除毛クリームなどの自己処理で充分という方は多いようです。
確かに好きな時間にできるので楽ですが、この方法では見えている毛を一時的になくすだけなので、またすぐに生えてきます。
ツルツルを長期間維持したいならレーザー脱毛すべきなのです。

 

しかし、そもそもレーザー脱毛と自己処理の違いとは何なのでしょうか。
カミソリや除毛クリームを使った自己処理は、皮膚の上に現れた毛しか処理できません。毛のもとは肌内部にあります。
これをどうにかしない限りは根本的な脱毛はできません。
そのためすぐに生えてきてしまい、また同じような処理の繰り返しとなるのです。

 
またセルフ脱毛すればいいと、これが別に面倒でないとおっしゃるかもしれません。
しかしセルフ脱毛を繰り返すとその刺激が肌に蓄積され徐々に肌が傷んでいきます。肌荒れ、黒ずみ、埋れ毛などの原因となるのです。

 

それに対してレーザー脱毛では見えている毛ではなく、肌内部にある毛のもとにダメージを与えます。
具体的には黒い色に反応するレーザーを照射することで、毛のもとを破壊して毛の再生を阻むわけです。
これならもとを断ち切れるので、成功すればもう二度とムダ毛処理しなくていいのです。

 

こういったことから本気で脱毛したい、もう二度とムダ毛処理したくないというならレーザー脱毛がいいでしょうし、ムダ毛はあってしかるべきもの、でも必要な時に応じて処理したいというならカミソリや除毛クリームを使ったセルフ脱毛を行うのがいいでしょう。

 

ただ、セルフ脱毛で気を付けたいのが正しく行うことです。
たまに行うとしても、間違った方法では脱毛どころか肌を傷付けることにもなりかねませんので、くれぐれも正しく行うことです。

光脱毛って、女性しかできないの?男性はできる?

光を当てるだけで脱毛できる光脱毛。かつて脱毛と言うと値段が高いのでセレブ御用達のイメージでした。
それが最近では光脱毛という方法が登場、簡単に脱毛できることからリーズナブルな料金設定のサロンも増え、幅広い年齢層の女性から支持されるようになっています。

 

そんな光脱毛、女性がするものというイメージが強いですが、男性はできないのでしょうか。

 

もちろん可能です。
ムダ毛の濃い薄いはあれ、毛の生え方は同じなので、同じ方法でアタックしても効果はあります。光脱毛では毛母細胞といって毛の生えるもとのような細胞を光で攻撃します。
黒い色に反応して熱ダメージを与える光を使用して、肌内部の黒色の毛母細胞だけを攻撃してダメージを与えるわけです。
こうして毛母細胞がダメージを受けることで毛が生えてこなくなるのです。毛母細胞で毛が生えるのは人類皆同じなので、男性でももちろん光脱毛は可能なのです。

 

ただ、一般的に女性よりも体毛が濃い傾向にあるので、
脱毛完了までに時間を要することがありますが、女性とは違ってツルツルにするのではなく毛量を減らす程度でいいなら、要する期間はそれほど変わらないのかもしれません。
また、強くて太い毛を多数処理するため、女性よりも痛みを伴う傾向にあるとも言われます。特にひげ脱毛に関しては、顔の皮膚は非常にデリケートなのでそれなりの痛みを伴うケースもあるようです。
このように光脱毛は女性だけのものではなく、男性でも可能なのです。

 

ただ、ここで注意したいのが脱毛サロン自体が女性専用が多いことです。
まずは男性でも受けられるサロンを探すことから始めないといけません。
女性に比べるとその数はまだまだ少ないですが、確実に増えてきています。

光脱毛をした後にしないといけないことって何かある?

光脱毛をした後にしなければならないことは、当日はお風呂につかるのではなくシャワーのみにしておくことがあげられます。
お風呂につかって体温を上げると皮膚への刺激となって負担となりますし、衛生上でもトラブルの原因になりがちだからです。

 

エステサロンではケアの一環としてプランのうちに入っていることが多いですが、皮膚に熱を加えて刺激を与えていることになるため、冷却材を使って熱を冷ますことが普通です。かゆみや傷みがあった場合には冷却材を使って冷やしてから、火傷用の治療をすることになります。
他にトラブルがなければ化粧水やクリームを利用して保湿をします。保湿をする理由は肌が乾燥するからです。自分ではあまり感じていないので気が付きませんが、肌は軽いやけど状態と乾燥状態を引き起こしています。

 

サロンではとろんとした触感とひんやりした触感を同時に肌に与えることができ、ケアも1度で済み、時間もかからないうえにすぐに浸透するのでジェルタイプのものを選んでいることが多いはずです。
反対に避けることとしては日光に当たらないようにすることです。紫外線の刺激を避けることで、肌への外部からの刺激をカットします。

 

光脱毛の時にはできるだけ長袖やパンツを着ることで、肌の露出を避け、できれば日傘を指したり、紫外線カットのコスメをつけて肌を防護することがトラブルの防止策となります。
光脱毛では強力なレーザーを利用していないため、施術後にトラブルが出てくることは少なく、普段通りの生活をしていてもトラブルなく過ごせる人のほうが多いので、アフターケアを軽く見がちですが、施術後の肌は敏感になっていますのでできるだけ配慮をして肌を守るように意識することが重要です。

光脱毛と脱毛器の違いって?どっちがいいの?!

光脱毛とはエステサロンの脱毛専用機のことです。
医療機関で利用しているレーザー脱毛よりも効果が少ないですが、
肌に負担をかけずに長期的に使用することで徐々に減毛の効果を生み出すことができます。

 

脱毛器は自宅での電源を利用することのできるエステマシンのことです。
電源がそれほど強力でないことから、あまり効果が望めないのではないかという固定概念が生じやすくなりますが、
実際にはエステサロンの光脱毛と同等の効果を得ることができるタイプのマシンも販売されています。
脱毛器も進化しており、肌に負担をかけずにすむように考慮されていますので、
ドライヤーと同じく好きな時に好きな時間だけ利用することができます。
エステに行く時間をカットすることができますし、エステで支払いをするSパーツの1年コース分くらいの費用で脱毛器を購入することができますのでリーズナルでもあります。

 
違いとしては時間と手間をカットすることができることと、家族でマシンを利用することができるので費用面ではかなりの効果を見込むことができます。
ただしエステでは光脱毛のプロのスタッフが丁寧に施術をしてくれますし、アフターケアや事前準備などもサロン専用のコスメを利用してくれますから、
仕上がりの違いは覚悟しておく必要はあります。

 
自分の性格にあわせてプロにまかせるほうが準備が不要で仕上がりもきれいだと考えるのか、
自分で好きな時に好きなだけケアをするほうがらくだと考えるのかによって変わってきます。
VIOなど細かいケアが必要な部位などはサロンの光脱毛のほうが丁寧な仕上がりになりますし、自分でケアするには限界があることも事実です。
光脱毛をある程度サロンで完了してから、万一のために脱毛器を購入するのがよい利用方法といえます。